三進煙石コミュニティセンター 緑正館

ご予約・お問い合わせ

お知らせ

2019.08.08

三進PRESENTS ふくしま夢太鼓祭りを開催します。

来る令和元年9月8日(日)に三進PRESENTS ふくしま夢太鼓祭りを開催いたします。今回、福島県内の各地で地元の伝統芸能を継承し、地域を元気にするために大人も子供も男性も女性も、世代を超えて活動している和太鼓チームの競演を企画しました。

太鼓の打ち方や動きもそれぞれ流儀によって違いがありますので、それぞれの特長と魅力が競演の見どころです。
入場無料ですので、ふるってご参加ください。

 

イベント:2019年 三進PRESENTS ふくしま夢太鼓祭り
日時:2019年9月8日(日)13:00(開演)
ところ:緑正館 ナイアガラの滝広場
参加費:無料
主催:三進金属工業株式会社
出演団体:
菅布禰太鼓保存会め組・・・・・・・平田村
浅川地雷火太鼓・・・・・・・・・・浅川町
大信こだま太鼓・・・・・・・・・・白河町(旧大信村)
岩代國うねめ太鼓保存会小若組・・・郡山市
三進百年夢太鼓・・・・・・・・・・三進金属工業
お問い合わせ:
株式会社パイク 福島県郡山市菜根屋敷61-52 TEL:024-939-1511

 

2019年 三進PRESENTS ふくしま夢太鼓祭り

2019.06.25

おいしさ満開ふくのしま地産地消食事会が開催されました

去る2019年6月9日(日)緑正館に於きまして開催された「2019年 おいしさ満開 ふくのしま 地産地消食事会」は多くの参加者にご来場いただき、盛況のうちに終了いたしました。
地元古殿町ご出身の「分とく山」総料理長の野崎洋光氏が特別メニューを総合監修。郡山で活躍する日本料理とフレンチの料理人とのコラボレーションで福島牛・エゴマ豚・川俣シャモ・メイプルサーモン・郡山産の鯉などのブランド食材や平田村のアスパラガス・さつま芋、古殿町のこんにゃくなどを使ったプロの技が光る料理や地元の母ちゃん料理など、16品の料理を楽しんでいただきました。
また、サンシン夢ファームで栽培した葡萄で製造した赤ワイン「Hirata Wine」のお披露目や若清水・東豊國など地元酒蔵の日本酒や自然薯焼酎なども並びました。
食事会の最後には、料理人が登壇しそれそれが料理に込める想いを伝え、参加者が県産食材や生産者への理解を深め、交流する場となりました。

ご参加いただきました皆様、ご協力いただきました皆様、誠にありがとうございました。

 

  
多くの参加者で大賑わい            サンシン夢ファーム産葡萄を使ったワイン

 
 
料理への想いを語る野崎総料理長          ご協力いただいた料理人の方々

2018.10.16

第7回 親子で秋を楽しもう!栗ひろいと鳥の巣アートづくり が開催されました。

平成30年9月29日(土)第7回を迎えた親子で楽しむ自然観察会は三進ファクトリーパーク内の栗林で栗を拾い、色づいた葉っぱやススキ、秋の草花などを採集しました。
今回は子ども10名を含む20人の方にご参加いただき、先生から枝になっている栗の食べごろの見分け方や、樹の枝をゆすって落とした栗のイガを足で剥いて栗の実を取り出す方法を教わり、みんなで協力し合って収穫しました。

その後、緑正館で「鳥の巣アート」に挑戦し、採集してきた草花や木の枝を使ってそれぞれが工夫を凝らして手づくりアートを楽しみました。
昼食には、豊岡館長が腕をふるった「栗おこわ」を味わい、みんなに栗のイガの痛さや虫食いの栗の選別など、食べるまでの行程の大変さを感じ取ってもらうことができました。


  
 

2018.09.14

第7回 親子で秋を楽しもう!栗ひろいと鳥の巣アートづくり を開催します。

来る平成30年9月29日(土)第7回 親子で秋を楽しもう!栗ひろいと鳥の巣アートづくり を開催します。前回に引き続き自然観察指導員の伊藤 重行さんと栗ひろいをしたり、葉っぱや木の実を集めてオリジナルの「鳥の巣アート」を作ります。
ふるってご参加ください。

 

イベント:2018年第7回 親子で秋を楽しもう!栗ひろいと鳥の巣アートづくり
日時:2018年9月29日(土)午前10:00~12:00 12:30~(昼食)
集合時間:午前9:50
集合場所:緑正館 正面玄関
参加費:無料
締切:2018年9月25日(月)
お申込み・お問い合わせ:
株式会社パイク 福島県郡山市菜根屋敷61-52 TEL:024-939-1511

 

↓クリックすると大きなサイズのPDFでご覧いただけます。
自然観察会A4告知チラシ1809

2018.08.03

第6回 親子で楽しむ自然観察と農家体験 が開催されました。

 平成30年7月14日(土)第6回を迎えた親子で楽しむ自然観察会は平田村の農家民宿「春一番」の佐藤さんのご協力で農家の生活を体験する新しいプログラムとなりました。講師は前回に引き続き自然観察指導員の伊藤 重行さんと渡部 正幸さんをお迎えしました。
 今回は子ども16名を含む26人もの方にご参加いただき、まずは農家の周りにある杉やヒノキの林、雑木林を観察し、田んぼのあぜ道や堰で植物や生き物の観察を行いました。数種類のトンボやカエル、ホタルの餌になるカワニナやカタツムリの赤ちゃんなどを見つけて子供たちは大喜びでした。休憩時間には冷たいきゅうりの漬物や採れたてのブルーベリーなど農家ならではのご馳走をいただきました。
 この日のメインイベントのじゃがいも掘りでは、お父さんたちが大ハッスル!子供たちのために土起こしに汗を流しました。子供たちが次々にじゃが芋を掘り出して歓声が上がり、楽しい農家体験となりました。

 
  
 

1